Inside Out

日記、備忘録的なもの

DAOKO × 米津玄師『打上花火』

映画、見てないんですけど、良い曲ですね。何回も聴ける。

夏。それも夏の終わり、哀愁を感じさせる曲として

secret base 〜君がくれたもの〜』とか『若者のすべて』(フジファブリック)を

聴いた時の印象に近い。

 

学生の頃、岩井俊二作品は全て見ました。

『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』は当然気になるのですが、

最近、映画館に行ってないので足が重いと、思い出に残っている実写のドラマ(映画)を

壊されないかという恐怖(笑)とで、行けてません。どうしようかな。

去年、あんだけ騒がれた「シン・ゴジラ」と「君の名は」も

映画館で見てないし。

実写で短かった作品を、どのようにして長編映画にしたかは、気になります。

 

今回、純粋に曲が良いなと感じてるのですが、

映画音楽は、どうしても映画の印象に引っ張られがちと思います。

山崎まさよしの『One more time, One more chance』も

月とキャベツ」世代と「秒速5センチメートル」世代では、

感じ方も違うのかなと思うわけです。

 

そんなこんなで、映画館に行くか行くまいか、もう少し葛藤しようか。


DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

 

 

打上花火 (通常盤)

打上花火 (通常盤)